競馬用語

ここでは、テレビや新聞などで1度は聞いたことがある用語を説明します。
競馬が始めての人でも、用語がわかると面白くなりますよ!

*最近、使用されてる矯正馬具→チークピーシーズ(ほほに当てるシャドーロール状の馬具、後方への視界を狭めて集中力を高める効果がある)

*パシュファイヤー→馬の眼に被せる網状の馬具。視界を制限し落ち着かせる効果がある!(特にパドックでよく見られる)

初級編
上がりタイム

脚色

馬なり 折り合い
返し馬 ブリンカー
シャドーロール ハロン棒
フケ 物見する
コズミ ラップタイム
三分三厘

上がりタイム
よく聞く言葉ですよね?
これはゴール板からの距離を逆算したものです。
逆算する距離は、3ハロン(600m)・4ハロン(800m)の2種類があります。
このタイムをみて、馬券を購入する人もいますね。
一覧へ戻る
脚色
馬の走りっぷりのことをいいます。
普通の会話で「脚色がいいねぇ〜」「いい脚を使う」など使います。
一覧へ戻る

馬なり
レースや調教で騎乗者が追ったりする事なく、馬のいく気分に任せた状態をこう呼びます。

一覧へ戻る

折り合い
人間同士のときも使用しますが、馬と騎手との息が、ぴったりと合っている状態を指します。

一覧へ戻る

返し馬
レース前に行う、準備運動のことをいいます。
英語で言うとウォーミングアップですね。
その気配や動きなどを見て、馬の調子や様子を探ります。

一覧へ戻る

ブリンカー (遮眼革)
馬の目の後方につけて、視界を狭くするものです。
馬は臆病なものなので、他の馬を怖がったり、まっすぐに走らない馬に対して使用します。

ブリカーをつけた馬
一覧へ戻る
シャドーロール
鼻の上につける羊の毛で作られた太いモールのことをいいます。
頭の高い馬につけることで、首を下げる効果があります。
ハロン棒などを怖がる馬にも効果があります。
ハロン棒・・・200mごとに設置される距離目安の縦棒。
シャドーロールをつけた馬
一覧へ戻る

フケ
牝馬が発情することです。

一覧へ戻る
物見する
馬がちょっとした物音に驚くことを言います。
馬は臆病だと前記しましたが、音にも敏感なんですね。
一覧へ戻る

コズミ
軽い筋炎の略称です。
主にハードな調教や疲労によって起こります。

一覧へ戻る

ラップタイム
レースにおける1ハロン(200m)のタイムをいいます。
基準は各ハロンを先頭で通過した馬で計ります。

一覧へ戻る

三分三厘
3コーナーの丁度勝負どころの地点を指します。
ゴールから逆算して、660mの地点です。

一覧へ戻る


いかがですか?
1度耳にしたことはあっても、意味まではわからなかったと思います。
これで競馬がまた楽しくなりましたね!

このほかにもたくさんの用語があります。
用語は随時更新するつもりでいます。
皆さんも、この言葉の意味は?
馬券の買い方は?
どんな質問でもかまいませんので、下記までメールしてくださいね。
皆さんからの質問をわかりやすく解説したいと思います。

mailへ